ネットワーク的なフロイトのエッセイ

精神分析学を構築したオーストリアの医者ジグムント・フロイトは戦争に関するエッセイを二つ残している。

 

それは、第一次世界大戦中の1915年に執筆されたエッセイと、第一次大戦が終わり、第二次大戦に至る過程にあった1932年のエッセイである。

 

知り合いの学者のことを言うと、彼は、前者のエッセイ「戦争と死に関する時評」を中心にとりあげ、 これを通してフロイトが戦争をいかに捉えていたのかを考察していく論考を発表している。

 

一般的にわかりやすい言い方をすれば、「幻滅」という概念を中心に戦争が人々に何を、どのようにもたらしたのか、ということを中心に、考察を進めてきたそうである。

 
ネットワークビジネスをより確実に成功させる秘訣
やってはいけない!ネットワークビジネスの勧誘には注意!
本当に役に立たない?ネットワークビジネスのランキング
恐るべき罠を暴いた「ネットワークビジネス 9つの嘘」
ネットワークビジネスで化粧品を売る自信が無い!
ネットワークビジネスとは何か
ネットワークビジネスのニュースキンが新製品を発売!

 

Comments are closed.